--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冬季の保養のご予約、大歓迎です。


すっかり寒くなりましたね。
しかし、冬の本番は年を越してから。
「すくすくの木」が凍ってしまわないためにも、どんどん利用していただきたいと思っています。ご予約はこちら

短期の保養ももちろん大歓迎ですが、長期(一か月以上)保養していただける方には、灯油代など優遇させていただこうと思います。避難や移住に迷っている方も、是非ご利用ください。詳細は、お問い合わせください⇒hoyouinakita(@)gmail.com

また、これまでシーツや枕カバーご使用の場合はクリーニング代を頂戴していましたが、シーツ等の寝具一式500円に変更致します。これまで通り、洗濯していっていただければ無料、持ち込みも可能です。


みんな無事に暖かく、冬を越えられますように・・・。
11月末、急遽、新潟市から3家族が保養にいらっしゃいました。

保養家族2_convert_20121204203957

皆さん震災後、福島県から新潟に避難した方々です。
今回は、新潟で瓦礫の試験焼却が行われるということで、急遽「すくすくの木」に避難されることに。
必死の思いで新潟に避難したのに、今度は瓦礫焼却でまた子供を被曝させてしまうかもしれないと思ったら怖くて、とお母さんは涙ながらに言っていました。

すくすくにいる間は、安心して楽しんでもらいたい!
メンバーと一緒に、お味噌やきりたんぽを作りました♪
味噌作り1_convert_20121204204036お味噌作り。子供たちも一緒でてんやわんや。
大館新報さん、北鹿新聞さんにも、この↑様子をとりあげていただきました。
するとその記事をお読みになった、田代町の岩淵農園、岩淵一男さんから連絡があり、プロジェクトの活動に共感してくださり、なんとお米30キロとリンゴ2箱を寄付してくださいました!!
岩淵さんは、被災地にも沢山のお米を寄付なさっているそう。新たな出会いが嬉しいです☆:*・゚


今回は、市民の反対もありギリギリで新潟での瓦礫試験焼却は見送りになりました。
でも、中止ではないようです。
被曝は足し算。福島から避難してきた人は、事故直後の被曝を少しでも取り戻したい。なのに、避難先で被災地の瓦礫が燃やされる…。
被災地を助けようと、避難者も瓦礫も、どちらも受け入れに積極的な自治体も少なくありません。それはあまりにも、鈍感な対応ではないでしょうか?
一番問題なのは、放射能を甘く見ていること。瓦礫を既に燃やしている地域では、様々な体の症状の報告が出ています。
子供だけでなく、体の弱い方やアレルギーの方、障害をお持ちの方も、往々にして化学物質に弱いです。それらの体の声を、聞くべきです。体は、自然とつながっています。


今回もウルウルのお別れでした。
私達も、皆さんの頑張っているお姿を見て、元気を沢山いただきました!!
またお会いしたいけれど、保養の必要がないことを、願っています。
今年は残暑が厳しかったですが、突然、寒くなってまいりました~!
気温の変化が半端ないですが、皆様、体調崩していませんか?
足湯!腕湯!おススメです。

さて、初めてのすくすくの冬がやって来るのですが、先日、ストーブの寄付をいただきました!!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆3台も!
大変ありがたいです。ホッとしました。

冬場はやむなく、灯油代を一組一泊1000円、頂戴することにいたしました。
よろしくお願いいたします。

「シェアハウスおおだて すくすくの木」のご予約は、こちらをお読みくださいね。

11月、雪が降る前は、紅葉が綺麗だといいですねぇ。
9月は3組のご家族が、土日を利用して「すくすくの木」にいらっしゃいました。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

初めての保養です。
子どもが1歳半と、まだ言うこともわからないため、母子だけでは不安だなぁ…と今回はパパも一緒に遅めの夏休みです。
不安どころか、広々としたお部屋、すべてのものがそろっており、また次回、そして将来は、母子で来れる気がしました。
本当、放射能を気にせず、外遊び、土いじりをしても、家族で笑いあえたのは久々でした。
またぜひ来たいです。

初めて来ました。
娘は2歳ですが、私はここに来て、娘と初めて砂遊びをしました。親子で砂でお団子作りをして遊び、十和田湖の水辺で2人で砂に足を埋めて遊んだり、本当に嬉しかったです。
私の町は七つの浜辺があるのに(5分で行けるのに)初めて男鹿の浜辺を裸足で子どもと遊びました。子どもは帰りたがらず、ずっと砂遊びを止めませんでした。また休みを見つけて来させていただきたいです。ありがとうございました。

3歳の娘が「お母さん!!外でご飯を食べたい(>_<)」と言うので、窓を全開にして縁側でおにぎりを食べました!娘が「宮城では出来ないけど…また秋田に来たら出来るね(*^_^*)」と放射能についてまだ親子でしっかりと話し合っていないのに(娘には放射能についてしっかりとした説明はしていません)3歳ながらに何かを感じ取っているようです。3.11以前の様に外で遊び、畑の野菜を食べ、風が心地良い!!と感じられるようになるまで、あと何十年、何百年かかるのでしょう…。
秋田県も汚染焼却灰受け入れ再開!!とのお話を聞き…本当に憤りを感じます。
放射性物質は1ベクレルでも受け入れては決していけません!!
“美しい秋田県”みんなで守っていきたいですね!

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

「すくすくでは、親子共にぐっすり眠れた」という感想も。子ども達は思いきり駆け回ったりして、エネルギーを残すことなく発散出来たのだと思いますが、ご両親も、そんな環境でリラックスなさったのでしょうか。
大館のお野菜も、みなさん沢山買っていってくださいました。

2泊や1泊など短い滞在の中で、お会いすると、ついついお話が止まらなくなってしまいます。
放射能の危険性を知っているお母さん達は、ますます周りとの意識の差に苦しんでおられます。仲間が少ないうえ、放射能汚染の現実と向き合うと、あまりに膨大で巨大な問題を突きつけられるため、打ちのめされることもしばしば。
地震・津波の被災地でもあるため、放射能のことを言うと「津波で家流された人のほうが大変だ!放射能なんて気にしていられない!」と言われたり、宮城県の方は、「じゃぁ、福島の人はどうなるの?」と言われたり。。

子ども達のために、少しでも美しい環境を残すには、どうしたら良いのだろう?みなさん、色々な角度から考えています。一人でも、そのことを考える人が増えれば、いろいろなことが、きっと変わっていきます。

9月も沢山の出会いに感謝。
今後の活動のエネルギーです☆
8月も、もうすぐ終わり。東北の学校では明日から2学期が始まります。
今年は大館もうだるような暑さで、まだ残暑も厳しいですが、トンボやススキ、虫の声など、確実に秋の気配です。

1日から始まったシェアハウスの保養受け入れ。8月は5組のご家族が利用して下さいました。
快適に過ごしていただけるか、私達もドキドキしていましたが、皆さん共同生活も大館の環境も楽しんでいただけたようで、本当に感無量です。

120825_1048~01000125日に帰った二人の女の子から、お手紙とすくすくの木の絵をプレゼントされました。感涙( ;∀;)ありがとう。飾っておくね。

120826_1016~010001 ご意見・ご感想を書いていただいた「すくすくノート」から、一部抜粋でご紹介させてください。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
環境が良くてきれいなところで、とても過ごしやすかったです。お米やお野菜をたくさんいただいてしまってありがたかったです。そしておいしかったです。
プールを用意していてくださって水着で入ったりもしました。お花を気楽につんで遊べたり、土遊びなども出来てのびのび過ごせました。
何より地域のつながりというか、皆さんの暖かさがありがたかったです。(親御さん)

120826_1017~010001

外で自由に何も考えずに歩けるだけで幸せなことなのに、お家まで用意していただいて、その上近所の方にも温かく迎え入れてもらえて、感謝の気持ちでいっぱいです。(16歳)

放射能がこわく、公園で遊んだり食材で悩むことが当たり前の毎日でしたが、秋田に来て、メンバーや地域のみなさんのあたたかい気持ちがとてもありがたく、子ども達を気にかけて遊ぶ場所を教えてくれたり、お庭で出来た流しそうめんもとても楽しかったです。
子供が、お花や土いじり、川で遊ぶ自然な姿を見れて親として嬉しかったです。保養に来れて健康への不安も少し減りました。
又、秋田に来れる日を親子で楽しみにしています。(親御さん)

初めての保養&共同生活で不安でしたが、プロジェクトのメンバーのみなさんや大家さん、地域のみなさんの親切で温かい心に触れ、もう帰らなければいけないのかぁ…と、寂しくなってしまいました。
こちらでは地域の食材が新鮮かつお安く手に入るので、買い物のストレスがなく、子供達ものびのびで体だけでなく心も癒され、いちだんと元気になったような気がします。温泉にも毎日入って、私はお肌がスベスベ♪(親御さん)

まげわっぱの体験や、きりたんぽをつくれてよかったです。おじさんとまたあそびたいです。
冬もきたいです。冬にきたら、ゆきがっせんをしたいです。(9歳)

秋田は全く未知の世界で不安でしたが、毎日のびのびと過ごせ楽しかったですっ!!
何より新鮮な水に食べ物!!大自然♪
ステキすぎます!
たくさんのやさしさに出会えて感謝します!!
これからもよろしくお願いします(^.^)(親御さん)

120826_1017~020001

何よりも、すくすくの木の周辺が楽しい!
お庭も、水路も、田んぼも、川も、景色も、星空も最高で、毎日のお散歩がこんなに楽しいこと&安心なことが、私の心も穏やかに幸せにさせてくれました(^-^)
子供達も、そんなあたりまえのことや自然を感じるままに楽しみ、出会うものや、一緒に暮らす友達との交流で、たくさんの成長と発見をしていました☆
すっかり秋田、大館、すくすくの木での生活に魅了された我が家です☆たぶん、いや、絶対また来たいです!!(親御さん)

120826_1018~010001日本海の夕日の絵かな?(^.^)
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
この他にも、沢山のお礼の言葉もいただきました。
ありがとうございます!!活動を続けていくなによりの励みになります!!!
それから、それぞれのご家族からカンパもいただきました(T_T)今後いらっしゃるご家族のため、大切に使わせていただきますm(__)m

沢山の素敵な出会いに感謝する8月でした。今後もわくわくですっ♪
SH3800600001.jpgでも、ちょっと感傷的になって、誰もいない庭を撮ってみました。子供達の笑い声や歓声に溢れた、8月のすくすくのお庭でした。

9月、10月と、まだまだ空きがございます。お申込み、お待ちしております!お申し込みはこちら





09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ハハたち

Author:ハハたち
秋田県北で活動してきた「セシウム反対母の会」(下にブログリンクあります)が立ち上げた、放射能汚染被災地からの保養・避難の支援プロジェクトです。
一年に一回、500円からのご協力をいただき、1000人を超える輪を作っていきたい。
☆寄付金お振込先☆*メールで別途ご連絡いただければ幸いです。
【銀行名】ゆうちょ銀行【口座名義】1000人で支える子ども保養プロジェクト【記号】18680【番号】11523801
*他銀行から【店名】八六八(ハチロクハチ)【店番】868【種目】普通預金【口座番号】1152380
一口500円からお願いしております。手数料は申し訳ありませんがご負担下さい。
お問い合わせはこちら!⇒hoyouinakita(@)gmail.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。